ぬいぐるみが持つ癒やし効果は大人にも有効

サイトメニュー

選び方と準備方法

女性

選び方や準備の方法とは

ぬいぐるみ療法という言葉を聞いたことがありますか。ぬいぐるみ療法とは子どもが持っているというイメージが強いぬいぐるみを活用して、うつ病を改善させる治療法です。この治療法はオランダの研究グループによって研究結果が発表されており、大人であってもぬいぐるみには癒しの効果があるということを証明しています。この治療法を行うとどんな効果があるかというと、孤独や不安の解消やアダルトチルドレンのケアなどです。またぬいぐるみは自分自身を投影しているものでもあるので、ぬいぐるみを抱きしめることによって自分自身を抱きしめることにもつながります。ぬいぐるみ療法を行う際にどんな病院を選べば良いかというと、基本的にうつ病に対応している精神科や心療内科などが併設されているクリニックなどを選ぶのが最適です。総合病院のような大きい病院ではなく、この治療に理解のあるクリニックなどを選ぶのがいいでしょう。また長い期間、通院するかもしれないので、自宅から通いやすいところを選ぶのもポイントになります。

ぬいぐるみ療法を行う際に準備しなければならないものは、治療に使うぬいぐるみです。ぬいぐるみ療法を始めたら、このぬいぐるみを毎日のように抱きしめたりすることになるので、抱きしめやすい大きさで感触がよいものを選ぶようにしましょう。もしまだ持っているのであれば、子どもの頃に遊んでいたぬいぐるみでもいいのかもしれません。ぬいぐるみ療法は、触れることが大切な治療法です。何かに触れることは不安を解消させる効果があるかもしれないといわれているので、うつ病にも効果があるといえます。ぬいぐるみ療法を始めたら、心療内科などかかりつけの医師に伝えておくといいのかもしれません。この治療法を行ってうつ病が改善されてきたら、薬を減らすことができるかもしれないからです。この治療法のやり方は、朝起きたらぬいぐるみを抱っこして「おはよう」と声をかけます。外出時や帰宅時にも声をかけるのが有効です。そして夜眠る時は、ぬいぐるみを抱きしめながら眠るようにしましょう。このように自宅にいる時は常に活用することになるので、いつでも触れる場所に準備しておくことがポイントになります。

Copyright© 2019 ぬいぐるみが持つ癒やし効果は大人にも有効 All Rights Reserved.